人気ブログランキング |
<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
韓国ドラマ『王と私』
王と私内侍(ネシ)と呼ばれる宦官(去勢された宮中の役人)を描いた韓国の王朝ドラマ、『王と私』。
去勢とは、早い話が男性の性器を切断してしまうこと。阿部定の相手の男性は亡くなっているから、たぶんそれはほとんど死ととなり合わせだ。

最初はただの刑罰だった。それが、去勢すると力も弱くなって武力蜂起の心配はないし、なにより王に仕える周りの女たちと間違いを起こすこともない。これは使える・・・ということで、王の身辺の重要な仕事にかかわることが多くなった。よっぽど使い手が良かったのか、そのうちだんだんと権力を握るようになり、一種の特権階級となっていった。

下層階級の子供は、口減らしのために、内侍になるための寺子屋みたいな予備校に売られたり、出世のために自ら進んで去勢をして内侍になるものも多かった。彼らにとっては、それだけが貧乏から抜け出す唯一の方法だったのだ。

当初は、内侍になるということは、金や権力と引換えに男でも女でもない便利な存在になることだったが、宮廷内で力をつけるうちに、なんと内侍なのに奥さんをもらい養子ももらい、名家としてその政治的地位を世襲させるようになっていく。派閥があったり世襲に躍起になったり、去勢はしたけど女遊びもする・・・まったく今の政治家とおんなじだな。人っていつの時代も権力を握るとやること一緒なんだなぁ。

妻を娶り子を持ち、高い社会的地位と財産を得てもなお、陰では嫉妬混じりに「種なし」と言われバカにされている。内侍たちはそれを知っているからこそ、有無を言わさぬ経済力と政治力でそれらをねじ伏せ、なによりも内侍府(ネシブ・内侍の役所)の存続に固執する。内侍府がなくなれば、ただの「種なし」になることは本人たちが一番よく知っているからだ。

『王と私』は、そんな内侍が絶大な権力を握っていたころのお話。
主人公のチョソンは王族の家に仕える貧しい家の子だが、王族であるソンジョン、貴族の娘ソファと幼いころからの仲良し。チョソンもソンジョンもソファのことが好きなのだった・・・。

成長したソンジョンは国王となり、ソファは側室に請われて王宮に上がることになった。どうにもならないとは知りつつ身分違いの恋に苦しむチョソン。そして、初恋の人を守るために彼がとった行動は・・・自ら去勢し、王室付きの内侍となって生涯を捧げることだった。
あぁチョソン、なんてことを・・・(T_T)。

内侍となったチョソンはなんと、国王ソンジョンと初夜を迎えるソファを、王の御寝所まで背負って行くという役を命じられてしまう。御寝所まではソファは目隠しをされているので、背負っているのが誰かはわからない。背中にソファのぬくもりを感じながら初夜への道を歩くチョソン・・・。運命とはいえ、なんて残酷なのだろう。

この先、チョソンの献身はさまざまな場面に登場する。もちろんそれは当のソファすら知らない。決して叶うことのない身分違いの恋のために、ひたむきに生きるチョソンの姿はひたすら強く美しく、そしてあまりにも哀しくはかない。
『王と私』はフィクションかも知れないが、内侍はたしかに実在した。彼らを見ていると、人間の業というものを改めて考えさせられる。



王と私第1章前編 DVD-BOX | 商品情報(商品)
by adukot_u3 | 2010-03-29 01:25 | 韓国ドラマ
六義園のスミレ
f0046622_18235648.jpg六義園のしだれ桜が、5分咲きだというので、近所に行ったついでに寄ってみた。
満開の時期になると、入り口にそれこそ長い行列をなすほどの人気らしいが、いくらキレイでも、人がうじゃうじゃいるところで見る桜は魅力半減だ。この日は人も少なく、咲き具合も奥ゆかしくてちょうどいい感じ。

 六義園は、徳川綱吉の時代の老中・柳沢吉保が設計・指揮して作った庭園で、彼は晩年の数年間をここで過ごしたのだそうだ。
時代劇で田沼意次とともに、悪者として描かれることの多い柳沢吉保だが、実際にはそれほど悪い人でもなかったらしい。べつに根拠はないが、きっとそうに違いないと思った。とても温かみのある庭園で、悪者にはこんなものは作れないような気がしたからだ。

f0046622_1824959.jpg 当初のお目当てはしだれ桜だったが、通路脇の大きな石の窪みに、ちいさなスミレを見つけて釘付けになった。な、なんて可憐で愛らしい・・・。 以前、アスファルトを突き破って生えたという「ド根性大根」をニュースで見たことがあるが、それより全然すごい。
われ先にと争ってカメラを向けられている立派なしだれ桜はさすがに見事だったが、こんなところで誰にも知られず、可憐でしっかりとした花を咲かせているスミレの方に、わたしはどうしても惹かれてしまう。
by adukot_u3 | 2010-03-27 18:20 | 散歩・旅行
寝台特急「北陸」・急行「能登」ラストラン!
f0046622_2114963.jpg 寝台列車「北陸」、急行「能登」が最終運転を終えたというニュースをあちこちで見かけた。

 今でこそ空港ができたり、高速バスや新幹線もあったりするが、わたしが子供のころは、東京に行くには、この寝台に乗ってまるまる一日がかり。
それも、途中で乗り換えるは、信州の山越えをするときにはスイッチバックするわで、遥か遠い外国に行くような、そんな一大事だった。

 前にも日記で書いたような気がするが、今でもこの、横に広がった不恰好な寝台列車を見ると、ふと夜中に目を覚ましたときの、狭く暑苦しい車内の人いきれと、枕元のオレンジ色の灯り、カーテンの隙間からのぞいた真夜中の駅名看板と、そこを照らす電灯に集まる蛾の群れを思い出す。

More
by adukot_u3 | 2010-03-13 21:02 | 散歩・旅行
モスライスバーガー 海鮮かきあげ(塩だれ)
f0046622_745351.jpg うまい!意外とうまいぞ!
モスライスバーガー 海鮮かきあげ(塩だれ)
なんとなく気が向いて食べてみたら、なかなかの美味しさにびっくり!!

 ライスのバンズの中に、海鮮かき揚げがサンドされているというものだが、まるで香ばしい海鮮おこげを食べているような感じ。「胸焼けするかもなぁ・・・」と、少々躊躇したが、小ぶりなのと、かき揚げがカラッと揚がってるので、そうでもない。そしてわざわざカッコで括っているだけあって、塩ダレがイケる!!
うなぎ屋さんで見る張り紙「うなぎ(白焼き)」みたいなものか?「うちはちょっと違いますよ」的な(笑)
でもこれ、ファストフードにしちゃレベル高いなぁ。

 ハンバーガーは、味自体は嫌いじゃなけど、あのかぶりつくという食べ方がどうもニガテ。横からなんかがニュ~っと出てきたり、袋の中に汁がたまったりして、どうも落ち着かないのだ。そういう意味では、これはかぶりつくのは仕方ないとしても、横からなんか出てくることはないし、袋の中にはなにも垂れてないので、精神衛生上も非常によろしい。

 なんでも3月12日は「モスの日」なのだそうだ。
記念にと、メランポディウムとやらの種をもらった。小さくて黄色い可愛らしい花だ。花言葉は「元気」。

いつもなら、「なんのひねりもなくてつまんない」と思ったりするが、なぜか今は、そのストレートさがかえって好ましく思える。
留守に出来ないからという理由で、今まで滅多に植物を植えたりすることなどなかったが、たまには植えてみようかな?鮮やかな黄色は、なんとなくそんな気分にさせてくれる。
by adukot_u3 | 2010-03-12 21:57 | グルメ
マカロニ
わたしの一番好きな映画。
もう20年近く前、東京は神楽坂近く、今はなき佳作座で観た。まさに、こういうのを佳作と言うのだろうな。マルチェロ・マストロヤンニ、ジャック・レモンという名優が、なんともいい味を出している。

個人的に好きなシーンは、ジャック・レモンがまだ明け方の暗いナポリ空港に降り立ったときに、イタリアの映画音楽家・アルマンド・トロバヨーリの曲がかぶるところ。超カッコイイ!!

そして、ジャック・レモンに追い返され、憮然とするマルチェロ・マストロヤンニのところに、その後謝りに訪れたジャック・レモン。それを見て、ホッとため息をつくマストロヤンニがまたカワイイ。

大作でも名画というほどでもないけれど、本棚の奥にそっとしのばせて置きたいような、そんな映画だ。残念ながらDVD化されていないが、実を言うと、して欲しくないかなと思う気持ちもちょっぴりあったりなかったり・・・。
ラストシーン、上空から見下ろすナポリの街並が美しい。
マカロニ/ムービーウォーカー


YouTubeでさがしたら、その曲が使われている場面がUPされていた!



by adukot_u3 | 2010-03-07 03:03 | 映画
カリカリもうない(T_T)
 『カリカリまだある?』というお菓子をいただいた。あまりの美味しさに、危うく一気食いするところだったが、ひと袋18gグラムで92kcalという表示を見て、さすがにそれは思いどどまった。

 ひとくち食べて「?」と思った。駄菓子然とした風情なのに、裏の原材料名にはカイエンペッパー・クミン・カルダモン・ナツメグ・ローリエ・ターメリック。

 不思議に思ってネットで調べてみると、なんと、スープカレーで有名な札幌の「YOSHIMI」というところが手がけた北海道限定商品だった。
それどころか、今や注文殺到で生産が追いつかないほどの人気だそうだ。

 よく見ると、手書きの活字風ロゴもかわいいし、なんと言っても『カリカリまだある?』という名前が憎たらしい。がっついて食べ過ぎて、写真撮るのも忘れてしまったから、余計にそう思うのか?(^^;
しかし、これはあと引くわ。やっぱり。
by adukot_u3 | 2010-03-06 02:19 | グルメ
ヘンな週刊誌を読んでしまった気分・・・( -_-)
 ネットでニュースを見ていて引っかかってきた、ちょっと前の記事。もうタイトルからしてげんなり( -_-)

 と思ったらこの人、毎日新聞編集委員として「牧太郎の大きな声では言えないが…」というコラムを今現在も連載している、れっきとしたジャーナリストだったのでビックリ!!
 小沢氏がダメな政治家だと言いたいのはわかるが、なにもこんなふうに書かなくても・・・。これでは中身云々よりも、書いた人の品性や信憑性の方が疑われるだろうに。
 べつに小沢氏を擁護するつもりはないが、とても後味が悪い。批判記事は、もっとスカッとするものを読みたいものだ。
by adukot_u3 | 2010-03-04 23:25 | 政経・社会
蒸しパン
f0046622_7191015.jpg ではない。
マニフレックス」というイタリアの寝具メーカーの枕、『ピローグランデ』だ。
 フランスベッド以来、母用のマットレスを探して、趣味の散歩がてらあちこち物色して歩いているが、この日は「マニフレックス」のショールームにあったこの枕に釘付け!

 見た目は蒸しパンっぽいが、触ってみると、しっとりふんわりもっちりしっかり、おまけにひんやりしている。低反発素材の枕はいくつか触ってみたことはあるが、ここまで肌にぴたーっと密着してくるのは、今まで経験したことのない不思議な感触。それに、ウレタン見て食べたくなったの初めてだし。慌てて寄り過ぎて、写真がピンボケ・・・(^^;

More
by adukot_u3 | 2010-03-02 07:20 | 健康・美容