人気ブログランキング | 話題のタグを見る
廃線のあと
廃線のあと_f0046622_2555159.jpg子供のころ、人見知りと乗り物酔いがひどかった。
当時は、東西南北徒歩15分の小さな町がわたしの世界だった。

中学生のとき、ちょっとした皮膚病にかかり、月に2回、汽車で往復4時間を半年間通院した。汽車に乗り、病院で診察を受け、下りの電車で帰る。ついでにどこへ行くでもない、ただそのくり返し。乗り物酔いはだんだんと軽くなってきてはいたものの、それでも心はいつもどんよりとしていた。

廃線のあと_f0046622_2561253.jpg線路が取り外されてはや数年。
廃線になったことは知っていたが、こうして実際に敷石だけになった軌道を見ると、あまりいい思い出はないのに、無性にさびしい。
今なら酔うこともなく、車窓から海を眺めながら、のんびり各駅停車に乗る心のゆとりもあるのに・・・。
by adukot_u3 | 2008-07-16 13:04 | 能登半島
<< 『BAR うるわし』 ナゾの洞窟風呂 >>