人気ブログランキング | 話題のタグを見る
『エリザベート ガラコンサート』
宝塚『エリザベート ガラコンサート』に行ってきた。

『エリザベート』は元々、オーストリア=ハンガリー帝国の皇后エリザベートの生涯を描いたミュージカルで、1992年ウィーンでの初演以来大ヒットを続けている。
「死」を擬人化し、エリザベートの暗殺は、彼女に魅入られた「死」が黄泉の国へ連れ去った結果だとする独自の解釈と斬新な演出により、その後もドイツ、ハンガリー、オランダで上演されるなど依然として人気を誇っている。

1996年には宝塚用に潤色したバージョンが上演され、これも成功を収める。
その後、5回の再演を繰り返し、今では『ベルサイユのばら』と並ぶ、劇団屈指の人気演目へと成長した。
このガラコンサートは、かつてメインキャストを演じた宝塚OGたちが、メイク・衣装もバッチリと、その『エリザベート』の歌だけを、ストーリーに忠実に歌い綴るというものだ。

宝塚の『エリザベート』を観た時、宝塚で初めてミュージカルを観た気がした。「やればできるじゃん!」とも思った。
宝塚と言えば『ベルばら』だと世間的には思われているかも知れないが、アレはどちらかというと、ミュージカルというより歌舞伎に近い。
なんせ、演出があの長谷川一夫っすから…(^^ゞ)



宝塚といえばもう『ベルばら』じゃなくて『エリザベート』なのだ!と言っているのは宝塚ファンだけか…(^^;
とはいえ、楽曲は素晴らしいし、戯曲としての完成度も高い。
宝塚版を潤色した座付きの演出家・小池修一郎氏は 東宝「モーツァルト!」など宝塚以外の演出や、東京芸大の特別講師にも呼ばれるようになった。
本当にレベルは格段にアップしたのだ。
その『エリザベート』、東京芸術劇場中ホールで久々の復活だ。

トート(姿月あさと)
現役時代と変わらない雰囲気。
長身にトートの衣装をまとった姿はやはり見映えがする。
透明感のある美しい声、豊かな声量、朗々とした歌いっぷりはまるで、彼女のコンサートか?と錯覚するほどだ。が、そんな恵まれた声でありながら、そこから紡ぎ出される歌の表現の幅は、意外なほど小さい。
声が大きいか小さいか。強いか弱いか。そのため歌い方がいつも同じように聞こえ、トートという複雑で特異なキャラクタを表現するにはいささか物足りなさを感じてしまうのだ。
わたしが勝手に作ったトートの定義は、「青か緑色の血が流れているかのように見えて、実際に切ってみると、驚く程真っ赤な血が流れ出す」というものだが、残念ながら、姿月のトートは切ってもたぶん、青か緑色の血が流れるのだろうと思わせるものだった。

エリザベート(白城あやか)
安定していて非常に上手い。
しかし如何せん声に艶があり過ぎ、宮廷やフランツに対する苛立ちや、エリザベートという人のエキセントリックな面がどうしても感じられない。
加えて外連味のある歌い方が、世慣れた感じを助長して更に違和感を感じさせる。
「♪私だけに〜」と歌いながらも、
「言いたいことはまぁ山ほどあるけど、言ってもキリないし…ここはひとつ妥協しといた方が得よね( ・_-)☆」とか言ってそうな感じがどうしても漂ってきてしまう。
現役の時からそう思ってはいたが、現実に世慣れたせいか、今回はその世慣れ感にますます拍車がかかったように感じた。

フランツ(稔幸)
声や歌い方がそれほど素晴らしいというわけではないが、皇帝としての苦悩を感じさせる、重みのある歌い方がよかった。
現役の時には、皇帝にしては少し薄っぺらいかな〜と思っていたが、歳をとったのが幸いしたのか奥行きの感じられる皇帝ぶりだった。

ルドルフ(香寿たつき)
これ一曲を聴きに行ったと言っても過言ではない、「闇が広がる」。
なのに・・・ハモリのバランスが悪い。トートの声がデカ過ぎるのだ。
ここは、ルドルフがトートに翻弄されないよう必死に抵抗する場面なので、歌もガップリ四つに組むのは解るが、それにしてもデカい。
香寿はあんまり抑揚のない下のメロディなので、少しは考えてくれないと…。
それだけではなく、姿月との声質もちょっと合わないような気もした。
期待していただけに、かなり残念。
それでも、このひとの歌にハートがあることは充分伝わってきた。

ルキーニ(樹里咲穂)
さすがにうまい。
ただ、少々声を張り上げ過ぎのような気がしないでもない。姿月につられたか?音響のせい?だったらゴメンね。
狂言回し的な役割としては良かったが、隠し持った狂信的テロリストとしての側面が少々弱いかなという感じ。しかし、演じたことがないヒトに、そこまで求めるのは酷というものだろう。
その割にはなかなか良かった。

『エリザベート』は過去5回上演されている。
メインキャストのほとんどはもう退団して舞台女優として活躍していたり、結婚して主婦をしていたりとさまざまだが、みなさん現役の時と遜色ない美貌とスタイル、声を保っていらっしゃるのはサスガだ。
OGとは言え一応宝塚。
虚構の魅力で売ってるはずの劇団なのに…

エリザベート役の白城あやかさん(中山秀征夫人)は…たしか子供3人いたよな〜ヒデちゃんはもうコレ観たのかな?とか、
あ〜このヒト、最近離婚したって出てたなぁ〜だから最近仕事始めたのか…とか、そういうバックグラウンドがどうしてもチラチラしてしまう。
久々に観た『エリザベート』だったが、
途中でなにか、壮大なカルチャースクール発表会でも観ているような気になってしまった。

宝塚歌劇団はこの4月で創立92周年を迎える。
初演作品は「ドンブラコ」。温泉地の余興だったこの少女歌劇が、今日の姿になるとは誰が予想しただろう。
「生もの」だったはずの舞台はDVD化されていつでも観られるようになり、子持ちのOGが現役よろしく、宝塚のネタでコンサートをするようになった。
「らしさ」を保ち続けながも、100周年に向け宝塚はいま、大きな曲がり角を曲がった。
そんな気がした。
by adukot_u3 | 2006-02-02 10:08 | 演劇・演芸
<< 幸寿司 『立川談志一門会』 >>