人気ブログランキング | 話題のタグを見る
夏の茶柱
お盆をズラして実家に行った。
暑い!あまりの暑さに耐えかねて、久々に泳いでみた。 
泳ぐと言っても、水着の上に日焼け防止用に長袖のラッシュガードを着込み、スイムキャップ、水中メガネ、足にはフィン。
軍手をはめてマイナスドライバーを握り、獲物を入れる小さな網をたすき掛け、と怪しい出で立ち(^^;
そう、私にとっては 泳ぐ=獲る! なのだ〜。

機嫌よく潜ったはいいが、上がってみると、指先にウニのトゲがグサリ。あとで抜きゃぁイイやと放置したのがマズかったのか、家に帰っていざ抜こうとすると、これが意外と手強い。
トゲを挟むとポロポロと崩れて、しかもその度にもぐっていってしまうのだ。
そのうち指先が腫れて、熱をもってきた。
(ヤバい…)焦った私は、トゲのまわりの皮をうす〜く剥いでみたり、周りをカッターで少し切ったりしてみたが、あまりの痛さに挫折。
 (指ツメの痛さってすごいんだろうな…)などと、わけのわからないことを考えていたら、その様子を見ていた母がひとこと。
「おばちゃんに聞いてこようか?」
そうだよ〜、わが母よ、なぜそれをもっと早く言わんのだ!
最近でこそ病気で療養中だが、近所のおばちゃんは現役バリバリの海女なのだ!
そのおばちゃん曰く「指をしばらく酢に浸けて、ふやけたところを周りから絞り出すようにすると、ぴゅっとひとりでに出てくる」とのこと。
(え〜っ、こんな太いのが?物理的にありえないよ…-_-;)
思いっきり疑いつつも、万策尽きた私は言われた通りにした。

夏の茶柱_f0046622_7205574.jpg疑ったのが悪かったのか、何度やっても一向に出くる気配はない。
痛みにも疲れていた私は、なかば諦めつつも、浸けては絞るをくり返した。
深く入り込んだトゲの黒い点は、徐々に薄くなっていく代わりにズキンズキンという痛みを通して自己主張してくる。不気味だ…。
(病院行かなきゃダメかなぁ。保険証もってくりゃよかった…)
ぼんやりとそんなことを考えながら絞り出していたときに、それは起こった。

もぐっていた黒い点がぴゅっと飛び出して、まるで指先に茶柱が立ったかのようになったのだ。一瞬のこの信じ難い光景に、口をあけてマヌケ顔で見つめるわたし…。
「おばちゃ〜ん、おばちゃんの言ったとおりになったよ。すごいねぇ〜」と興奮する私を、勝手口からニコニコしながらのぞくおばちゃん。
……まだまだ修行が足りないな。
by adukot_u3 | 2005-08-26 13:58 | 能登半島
<< 釜がえり 当世サバイバルマニュアル~災害~ >>