人気ブログランキング | 話題のタグを見る
『私たちは何も知らない』作・演出 永井愛
2020年2月8日土曜日。石川県七尾市中島町にある「能登演劇堂」で上演された劇団二兎社公演『私たちは何も知らない』を観た。
能登演劇堂は、俳優の仲代達矢氏が主宰する「無名塾」が中島町で合宿を行っていたことが縁で設立された、能登唯一の演劇専用劇場だ。

明治の末期から大正の初め、平塚らいてう(らいちょう)をはじめとする女性たちが「青鞜社」という団体を作った。
『私たちは何も知らない』は、彼女たちが機関誌『青鞜』の編集・出版を通して女性の社会的地位向上のために情熱を燃やした5年間の日々を描いている。

ちなみに機関誌の「青鞜」という名前は、18世紀のロンドンでフォーマルな黒に対して青い靴下を身につける事が、教養ある婦人グループのシンボルだった事から"Bluestocking"を和訳して命名されたとのこと。

平塚らいてうと言えば、女性解放運動の先駆者ということと「元始女性は太陽であった」という言葉しか知らなかったが、活躍したのは明治~昭和にかけてで、「元始…」は青鞜の創刊号で平塚らいてうが書いた言葉だったことがわかってスッキリした。

らいてうは官僚の娘でありいわゆるお嬢様。年下の男と同棲したり心中未遂事件を起こしたりと、今の時代で考えてもかなりなお騒がせだ。
実は「青鞜」はたった5年間しか発刊されてない。その間に彼女たちは恋をし、子供を産み、別れたり不倫などしながら「青鞜」を出版し、女性を覚醒させるべく奮闘する。なんだか観ていて目が回る。
らいてうが八面六臂なんだろうと勝手に思って観ていたら、途中から売れない画家と暮らし始め、「青鞜」が伊藤野枝に引き継がれたところであれっ?梯子外された感が。
でも、よくよく考えたら、らいてうはお嬢様だったよ。
お嬢様のフェミニストだから執着とか業みたいのがないんだな。
引き継いだ伊藤野枝はその後、結婚するが離婚し「青鞜」はおしまい。
(芝居ではその先は描かれていないが調べたら、最後はアナーキスト・大杉栄のもとへ。そして二人ともに憲兵に殺されるという最後。激しすぎ)

今はみんな、好きな仕事に就いて、好きな人と結婚して、とりあえずは自分の意志で生きている。
それが元からそうだったかのように錯覚しがちだが、昭和の初めまでは、結婚の自由はおろか女性の仕事というものがなかった。
姦通罪に問われるのは女性だけで、それを何とかしようにも、肝心の選挙権すらなかった時代なのだ。
考えただけで理不尽すぎて腹が立つ。

らいてうさんや野枝さんらが熱く目が回るような日々を過ごしたおかげでわたしたちは今、自由な日常を「普通」に過ごしている。
わたしが彼女らと同じ時代に生きたとしたら、どういう生き方をしただろうか。
今と同じように腹を立てるだろうか。

*    *    *    *

らいてうさんと同じ時代に活躍した市川房枝さん。白髪の国会議員のおばぁちゃんとしかわたしの記憶にはないが、永井愛さんのご祖母様が通っていらした女学校の一級下だったそうだ。すいぶん前に世田谷パブリックシアターで観た『見よ、飛行機の高く飛べるを』で描かれていた。

by adukot_u3 | 2020-03-14 16:27 | 演劇・演芸
<< ソ連VSアメリカ(ロケット編) >>