人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ユニクロでのできごと

久々にユニクロに行った。
3990円のウルトラライトダウンが、2990円になっている売り場をなにげなく見ていたら、横でお父さんと思われる男性と、お子さんと思われる小学生の女の子が試着しながら何やらモメていた。
ただし、喋っているのはお父さんだけ。

女の子はきれいなラベンダー色のダウンを着て、鏡に映して見るなり「これ」と言った。
シャイで無口だが、きちんと意思表示のできるしっかりした子のようだ。
女の子がその色がとても気に入っただろうことは傍から見ている他人のわたしですらよくわかったし、実際にとてもよく似合っていた。

ところがお父さんはどうもその色が好きじゃないらしく、「もっと濃い色の方がいいよ」とか「こっちの方が何にでも合うって」と、無理やり別の色にさせようとしている。
女の子は口をキュッと結んでしばらくは黙ってそれを聞いていたが、そのうち別の売り場に行ってしまった。
わたしの横を通るとき、女の子の体が揺れた。
少し足が不自由らしい。

しばらくして女の子は戻って来た。
相変わらずわたしはウルトラライトダウンの売り場に居た。
お父さんも相変わらず「もっと濃い色」と「何にでも合う色」を勧めている。

「さっきのラベンダー色が断然似合ってますよ」
と喉元まで出かかったが、こんな知らないおばさんにそんなことを言われたら、たぶんキモいだけだろうからヤメといた。

なかなか首を縦に振らない女の子に痺れを切らしたのかお父さんはそのうち、
「安いから買ってあげようと思ったのにさぁ」
とブーたれる始末。
「安いからこそ好きな色のを買ってあげりゃいいじゃん、ケチ!」
と、ヒトゴトなのに負けずにわたしも心の中でブーたれる。

わたしも人のことなんて放っといてさっさと買うもん買って帰ればいいのに、あいにくわたしが買おうとしていた色は、お父さんが勧める「何にでも合う色」だった。
そこで私が買ってしまうと、お父さんに「ほら、あの人だって何にでも合うから買うんだよ」と強引に押し付けるきっかけを与えてしまうような気がして、なかなか手を出せずにいた。

なんだかんだそこに20分近くはいただろうか。
結局女の子は、ウルトラライトダウンを買わなかった。
わたしは20分かかって何にでも合う色を買った。
by adukot_u3 | 2013-01-14 18:46 | 日々雑感
<< 140字で綴る鉄旅の記憶 ミニチュア ワンダーランド >>