人気ブログランキング | 話題のタグを見る
書籍『うさぎとマツコの往復書簡』

「うさぎとマツコの往復書簡3」が出版されるという。(マイナビニュース:「喧嘩上等 うさぎとマツコの往復書簡3」の出版会見
このニュースを見て「うさぎとマツコの往復書簡1」を読んだことを思い出したので書いておく。



ふたりともとても正直でまじめ。
中村うさぎさんの『私という病』という本を読んだときもそう思ったが、やはりそれは間違いではなかった。

ふたりが語る「子供を産み育てないという世の大多数の人とは違った生き方」、「自分のためだけに生きるという状況」に対する虚無感や欠落感にはわたしも激しく同意する。

人は、他人に対しては極めて客観的で批判的なのに、いざ自分のこととなると、一転して極めて都合の良い解釈をし、それがさも他人を批判した時と同じような客観的判断に基づいたものだと思い込む厄介な生き物だ。
でもその無意識な能力が、ある意味人生の救いだったりもするのに、そんなものお見通しのふたりには何の意味もないところが痛々しい。

単なる週刊誌上の対談で、ここまで深く掘り下げ、お互いの煩悩を晒す人たちをわたしは見たことがない。


⇒書籍 『私という病』中村うさぎ
by adukot_u3 | 2012-11-26 00:43 | 書籍
<< 辛島美登里「トーク&ライブ」 Googleトレンド >>