チェコの大統領選にトミオ・オカムラ氏が立候補

f0046622_240492.jpgチェコの上院選挙に当選したトミオ・オカムラ氏が、今度は大統領選挙に立候補する。

一般的な日本人にとってチェコはそんなに興味のある国ではないだろうが、わたしはなんせ、はじめてひとり旅をしたのがチェコで、それ以来のチェコ・ファンなもんでなにかにつけ気になってしまう。
(ちなみにEUには入ってるけどユーロじゃない〔通貨はコルナ〕)

チェコはここ数年、政財界に汚職や腐敗がはびこっていて、その結果できた建物を見て回るという汚職ツアーなるものまで企画されるほど乱れに乱れている。

あの石畳をガシガシと戦車が走った「プラハの春」を経て、1989年の念願の民主化から今年で23年。
それまでハプスブルク家、ナチス・ドイツ、ソ連などあらゆるところの支配下に置かれ続け、やっと民主化できたというのに、たった20年で汚職まみれとは。
昨年末、初代大統領が亡くなったばかりだというのに。

会社は3代目がつぶすとよく言われるが、政治の腐敗は3代どころか、直後から始まるんだな。
残念だけど現実はそうなっている。

その政治腐敗の一掃を公約に掲げたオカムラ氏は、日本のメディアだと日本人の父とチェコ人の母を持つハーフとしか書いてないが、正しくは「日韓ハーフの父とチェコ人の母を持つ」らしい。
チェコ語で書かれたブログを色々見ると、「チェコと日本と韓国にルーツを持つ」と書かれてるし、「期待されている」とも書かれているので、チェコではかなりな有名人には違いないようだ。(こういうときにGoogleの翻訳はとてもべんり)

かつて東京に住んでいたので日本語も当然喋れる。
まだ40歳と若く見た目も悪くない。
わたしとしては、なんとなーく胡散臭い感じがしなくもないが…あくまで根拠はないのであしからず。

万が一この人が大統領になったら、日本のマスコミが一斉にチェコのことをとりあげるようになって、日本からの観光客が爆発的に増え、2007年にJALが直行便を出すかもと言ったあと、その後ああいうことになって立ち消えになっていたのが、また復活するかもな。

チェコは自然の景色や歴史ある街並みの美しさもさることながら、ソ連の軍事介入を受けながらもその後、軍事力によらない民主化・ビロード革命をなしとげたところなどは、基本的に争いを好まない日本人本来の心根と相通じるところがあると思う。
繊細なボヘミアグラスとか、無垢の木を使ったおもちゃ、作曲家のドヴォルザークやスメタナ、作家のカフカやチェコビールなど、日本人が好みそうなものがたくさんあるし。

政財界の方々も、汚職とか癒着とか、ちっちゃな分母でしみったれたことするより、もっと分母が大きくなることを考えた方が明るい未来が拓けるのに。



チェコ大統領選へ立候補したトミオ・オカムラとは?


ハヴェル前チェコ大統領死去
プラハひとり旅(飛行機乗り遅れ編)
[PR]
by adukot_u3 | 2012-11-09 02:33 | 政経・社会

歌好き地図好き散歩好き。モットーは『自分で調べて自分で考えて、なるべく自分の事は自分でやる』。さそり座、黒ひょう、AB型女。


by maccheroni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30