人気ブログランキング | 話題のタグを見る
言われ面より言い面眺め
いわれづらよりいいづらながめ。
ばあちゃんがよく言っていた。
人は悪口を言われた人よりも、言ってる人の顔を見ているもの。
だから気をつけなさいよという意味だ。
長らく美容院をやって、いろんなお客さんに接してきたばあちゃんの実感なんだろうな。

急にそんなことを思い出したのは、近ごろツィッターですったもんだが多いからだ。


●『ZOZOTOWN』の社長→顧客

ことの顛末
関わりのないわたしにとっては、『ZOZOTOWN』=歯止めの利かない乱暴な経営者というイメージだけが定着する。
株価のように表に出ない代わりに、潜在的なダメージはかなり大きいと思う。
顧客の個人的なつぶやきを、わざわざ検索してまでつっかかってるところが、さむいしきしょい。

その後⇒一転して送料無料に


●朝日新聞女性記者⇔大阪市長・橋下徹氏


ことの顛末
これは最初に記者が言いすぎ。
でも、その後の橋下氏もヒドすぎる。
居酒屋でしゃべってんじゃないんだから。


●大阪市長・橋下徹氏→週刊朝日の記事
ことの顛末
言ってることにどんなに正当性があっても、鬼畜だの抹殺だのという言葉のチョイスに品性を疑ってしまう。

橋下氏が激昂して汚い言葉を使えば使うほど、「あぁやっぱりね」と、彼が最も触れられたくないであろう出自から来るものだと思われてしまうのに…。

ツイッターは手軽で便利だけど、文章が短いぶん深く考えずに送信してしまいがちだ。
眺めておしまいの言い面に対して、ログは残るもの。
夜中に書いた怒りのメールを朝読んでビビるような事態はなるべく避けましょう。
by adukot_u3 | 2012-10-28 10:24 | 日々雑感
<< 宇宙戦艦ヤマト ヴィオラ五重奏 秋の一日 >>