人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カフェ・マメヒコ
ひさびさに渋谷に映画を見に行った。
宇田川町の交番の裏あたり。
前に通りがかりで見つけたちょっと気になるカフェがあった。
そのときは時間がなくて行けなかったので、今回はちょっと早めに着くようにした。
カフェ・マメヒコ_f0046622_20382063.jpg


カフェ・マメヒコ』というなんだかカワイイ名前のそのカフェはちょっとレトロで、まんなかに大きなテーブルがあるけど開放感のある、なんとなく映画のセットのような感じのする店だった。
てきぱきと動く女性たちもとても感じがよかった。
とか言いつつ、実はそんなにじっくりとは観察していない。
早めとはいえもう映画の時間まで30分を切っていたから。

秋煎り珈琲というのを注文し、映画のチラシにがっつり見入っていると、お店の方から声をかけられた。
「映画がお好きなようでしたら、よろしければ、うちの店で作った映画をごらんになりませんか?」
と”招待鑑賞券”と書かれたチケットを渡された。
「え?映画?お店で?」
その方は、オーナーがいろいろなことをやっていて、このお店を舞台に映画を撮ったこと、すぐ近所にある系列店の定休日にそこで映画を上映していることなどを手短かに説明してくれた。

最初にわたしが映画のセットみたいだと思ったのはあながち間違いでもなかったのだ。
路地裏のこんな奥まったところで、こんな面白いことをしているカフェを通りすがりに見つけるなんて、わたしの鼻もちょっとしたもんだなと思った。

家に戻ってからカフェのことを調べてみた。
雑誌にも色々載っているからカフェ業界ではけっこう知られたお店なのだろうと思ったら、なんとオーナーはフリーのテレビディレクターで、母体はテレビ番組制作会社だった。

オーナーは「カフェもメディアのひとつ」という考えで、カフェ2軒のほかに中華レストラン、ラジオもやって映画も作って演劇もやっている。
お店ではオーナー自らトークショーのような催しも。
そして北海道では農場も…。

なるほど、メディアは、ミディアム(medium)の複数形メディア(media)で「中間」とか「媒体」とかいう意味だから、何かと何かをつなぐものはたしかに全てメディアだ。

こんなカフェがあったなんて、今までぜんぜん知らなかった…。
と思っていたら、マメヒコだとは知らなかったけど三軒茶屋店に行ったことがあることを思いだした。
そういえば雰囲気が似てたな。

短い時間だったけど、とても居心地のいいところだった。
でも、マグカップのコーヒーは量が多くて苦手。
それにたくさん入っているとはいえ780円はちと高い。

★映画・紫陽花とバタークリーム


Yahooニュース:カフェマメヒコが田口トモロヲさん主演映画製作
by adukot_u3 | 2012-10-06 22:13 | グルメ
<< 高野豆腐の鶏挽肉づめ 珍しいコイン >>