ブルームーン

今日(正確には昨日)は、ブルームーン
ひと月に2回目の満月を指してこう呼ぶらしい。

昔、カクテルに凝っていたとき、「ブルームーン」をよく飲んでいた。
どこで飲んだかはすっかり忘れてしまったが、最初に飲んだやつは、アメジスト色のカクテルの中に、レモンの皮の三日月が浮いていた。(写真は勝手に合成したもの)
ブルームーンは満月のことだから、意味合いからすると三日月はおかしいはずなのに、そんなことはどうでも良くなるぐらいそのカクテルは美しかった。

f0046622_14661.jpgブルームーンとはそういうものだと思っていたので、その後、行く先々のバーでブルームーンをオーダーしてみた。
でも、出てくるのはレモンピールが浮いていたり、グラスの縁に引っかかっていたりしているだけで、浮きも沈みもせずにあの微妙な位置にレモンの切れ端が停止しているブルームーンには、未だに遭遇できていない。

別にしゃかりきになって探しているわけではないし、もう十何年もブルームーン自体を飲んでいないので、どうでもいいことなのに、久々に「ブルームーン」という名前を聞いて、ふと思い出した。
by adukot_u3 | 2012-09-01 01:47 | グルメ
<< 博士も知らないニッポンのウラ ... 新十両・丹蔵(たんぞう) >>