人気ブログランキング |
韓国ドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』
『イ・サン』見てる人ならきっと面白い、その時代の学園モノ。


トキメキ☆成均館スキャンダル韓国ドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』を見た。
「女子禁制の名門校・成均館に入学した男装のヒロインと、国の未来を担う若きエリートたちとのラブロマンスと友情の物語」だが、なんか最近の韓国ドラマ、男装モノ多くないか?

いわゆるラブとコメディだけの現代劇が苦手なので「美男〈イケメン〉ですね」や「コーヒープリンス1号店」は見てないが、これらも男子の中にひとりだけ女子が男装してるやつだった。男装流行りか?
『トキメキ☆成均館スキャンダル』もラブロマンスとあったので、最初は見るのにちょっと躊躇したが、舞台が時代劇だったのでとりあえず見始めたら、すっかりハマってしまった。

たしかにラブロマンスではあるが、学問とは何か?国や役人はどうあるべきか?統治とはなにか?学生の自治とは何か?真の男女平等とはなにか?
日本の時代劇ではまず出てこない硬派なテーマが、そこここにちりばめられていて、単なるラブコメとは明らかに一線を画している。

韓国時代劇を見ていていつも感心するのは、人が生きて行くうえでぶつかる様々な問題をドラマにいくつも盛り込んでいるにもかかわらず、散漫にならずに上手にまとめ上げるその力だ。
日本の時代劇には、そういう社会性が決定的に欠けているように思う。
最近では、『仁─JIN─』という医者もののドラマが、『Dr.JIN』というタイトルで韓国でリメイクされているようなので、日本の時代劇も少しは変わって来たのだろうか?

とはいえ韓国でも、『Dr.JIN』の放送後のコメントに、乳がんの触診のシーンを「年齢制限が15歳のドラマでどういうことだ!」とか「親子で見ててきまりが悪かった」というのがあって、歴史や慣習があるとは言え、韓国では未だにわたしの小学生の時の感覚とおんなじなのにはビックリした。


『トキメキ☆成均館スキャンダル』の主役「イ・ソンジュン」を演じるユチョンは、元・東方神起のメンバーで今はJYJというグループのメンバー→
東方神起は5人だったのが、3人が離脱してJYJに、残った2人が東方神起として活躍しているらしい。
東方神起やJYJのことはよく知らないが、ユチョンの演技力は、単なるアイドルを超えていると思う。

堅物で気難しいが正義漢の「イ・ソンジュン」、粗野なようで実は硬派で純真な「ムン・ジェシン」、一見プレイボーイのチャラ男なようで、実は友情に篤い「ク・ヨンハ」、男装のキム・ユニを囲む面々は、超魅力的。
韓国でも”成均館病”という造語が流行するなど、社会現象になるほどの人気だったらしい。


←伊達男、ク・ヨンハ
         硬派のムン・ジェシン→
プレイボーイの「ク・ヨンハ」は、おしろいの香りで下着の色を当てるとか、「ムン・ジェシン」は硬派のわりに女性の前ではしゃっくりが止まらなくなるなど、キャラクター設定に、少女向けのコミックを参考にしているのか?と思うほどツボをしっかりと押さえている。
20話という韓国ドラマにしては気軽に見れる長さなので、ひととき”成均館病”になってみるのもいいかも。
by adukot_u3 | 2012-07-13 15:52 | 韓国ドラマ
<< 34年後の「ごめんね」 老後計画、頓挫。 >>