人気ブログランキング | 話題のタグを見る
大相撲の常識を越えた貴乃花親方の“営業センス”
貴乃花親方が、吉本新喜劇に出たらしい。

ちょっと前に、タイトルにあるような貴乃花親方の絶賛記事を見たばっかりだったので、そんなに驚かなかったが、この人たしかにいろいろやっている。

●3/11に被災地の子どもたちをご招待
●観戦客をお見送り
●通し升席購入客に親方自らチケットお届け
●和装の女性客はテレビに映る席に(「和服デー」)
●ガンバ大阪のサポーターにちゃんこをふるまう
●吉本新喜劇に出演。吉本に懸賞金出してもらう。
●橋下徹大阪市長にPR協力とりつけ


貴乃花部屋のサイトを見てみてさらにビックリ!
相撲部屋のサイトとはとても思えない。
まるでメディア関係のベンチャー企業のノリだ。

中身がまたすごい。
部屋の紹介や番付・星取表などはどこの部屋にもあるが、貴乃花部屋にしかできないことがコレ。

●女将のつぶやき
奥さんがきれいで有名人だとこういう営業ができるんだなぁ。

●シコアサイズ
親方考案の四股を利用したエクササイズ。
DVDにしたり、アディダスやフィットネスクラブと提携。

●シコアスタディ
インターネット学習塾と提携。

●シコアワイン
サンマリノ共和国の国営ワイナリーで作ったオリジナルワイン。
オシャレ~。
千代の富士の九重部屋だって「大吟醸 千代の富士」なのに。
でも、なんでサンマリノ?あんまり知られてない方が何かと都合がいいから?

コンサルタントや代理店や奥さんの人脈の力もあるだろうが、
ここまでくると、たしかに相撲界の革命児。
でも、この部屋、肝心の関取がいないんだなぁ。
営業してる暇あったら弟子育てろとか言われてるかもな。言われてるだろうな。

わたしは子供の頃からの相撲ファン。
でも最近は贔屓の力士がいないので全く見ていない。
そんなわたしもその「和服デー」とやらは、なんとなく見てみたい気はするから、
たしかに今までにはなかった類のいい企画だと思う。
テレビないから見れないけど。

関係ないけど、わたしが好きだった力士を書いておく。書きたいから(笑

1.北天佑
「北海の白熊」と言われた力士らしい均整のとれた体格で、青いまわしに色白の肌がきれいだった。
2.栃赤城
珍しい技を使うので「サーカス相撲」と呼ばれたクセもの。力士には珍しくクラシック好きで、タニマチ(後援者)嫌い。なんかそういうところも好きだったな。
3.旭國
小兵ながら「相撲博士」と言われた技能派。
最近はこういう特徴のある力士があんまりいなくてつまらなくなった。
旭國以外のふたりが、40代という若さで亡くなっているのが悲しい。
by adukot_u3 | 2012-02-26 03:00 | スポーツ
<< 健康・美容マニュアル 電車に乗らなくても中吊りが読める >>