人気ブログランキング | 話題のタグを見る
六甲山と沢の鶴酒造
六甲山と沢の鶴酒造_f0046622_15152715.jpg所用で神戸に行った。旧居留地の辺りは、リノベーションしたレトロなビルがたくさんあって、オシャレ。
神戸は、宝塚観劇がてらと、友人のダンナが三宮でパティシェの修行をしていたので、何回か来たことはあるが、それももう10年以上前か・・・。

震災の半年後に来たときには、ビルの床が30センチも地面から浮き上がっていて、こんなの元に戻るんだろうか?と、とても心配した。すっかり元通りと言うより、前よりいい感じになった街並みを見て、少々うるうるする。

六甲山と沢の鶴酒造_f0046622_15154613.jpgせっかく来たのでお昼は南京町で中華でも食べようと思って行ってみたが、サンプルを見てるうちに、胸焼けがしてきた。やはりもうトシのせいか、昼からガッツリ中華は無理っぽい。わき道で見つけた手打ち蕎麦屋『つるてん』へ。
三田産の蕎麦をせいろでいただく。
「おいし~っ」
きっとわたしみたいに、中華を食べに来たけどどうも食べる気にならない中高年が来るに違いないと思っていたら・・・案の定、次々とおっちゃんや、おばちゃんたちが入ってきて、わたしが一番の若手に。
このお店、かなりの老舗だったのが、数年前に手打ちそば専門店としてリニューアルした様子。中華に疲れたらオススメ。


六甲山と沢の鶴酒造_f0046622_1516124.jpg次の日、3時間だけ時間が空いて雨も止んだので、急に思い立って観光バスに乗った。「沢の鶴酒造」の酒蔵見学と、ケーブルカーで六甲山に登って、バスで降りてくるという『六甲山と灘の酒蔵コース』。

雨上がりの平日ということで、乗客はわたしと老夫婦のなんと3人だった。沢の鶴の原酒は美味しかったし、六甲からの眺めも最高。

マイカーや観光タクシーだと好きなときに好きなところに行けて便利だけど、たまにはあえて縛られてみるというのもまた、楽しいものだ。運転手さんの、ヘアピンカーブを職人芸的にかわす運転術や、ガイドさんの話術も楽しめる。
沢の鶴の原酒とお猪口のお土産もついて、3時間3100円は安い!
by adukot_u3 | 2011-05-15 15:08 | 散歩・旅行
<< ドキュメンタリー『MAXED ... 東福寺塔頭『光明院』 >>