人気ブログランキング | 話題のタグを見る
書籍『春宵十話』/岡潔(数学者)
春宵十話の写真 岡潔さんという有名な数学者の本。と言っても数学の本ではなく、日本の現状を憂えて、文化や教育について書いたものだ。

 『人間は渋柿の枝に甘柿の枝をついだようなもの』という例えが秀逸。
とにかく早く育ちさえすればいいという今の教育では、早く成長する渋柿の芽に甘柿の芽の発芽が抑えられてしまう。『すべて成熟は早すぎるより遅すぎるほうがよい』とある。

 しかし、とかくなにごとも人との比較において行動しがちな日本人のコミュニティの中で、遅くても悠然としているには、早い遅いだけにこだわらない別の価値基準を親がちゃんと持っていないと難しい。
そんなふうに考えると、子供の教育というものは、その親が生まれた時から始まっているのだなぁと思う。やはり全ての基本は教育だ。
この本に書かれていることは、いちいち膝を打つことが満載。初版が1963年で、いまだに読まれているのがその証拠だ。

生きること学ぶことの写真 わたしがこの本を読むきっかけとなったのは、前に、広中平祐さんという、これまた有名な数学者の『生きること学ぶこと』という本を読んだからだ。生きるということはどういうことなのか?という答えを自分の経験をまじえて書いてあるのだが、数学者というと頭の中が数式だらけで、しかつめらしい顔をしたガチガチの人かと思ったら、文章も平易でとても読みやすいものだった。

 その本で印象に残っているのは、「わたしが研究の成果をあげられたのは、いわゆる親友という友人を持たなかったことだ」と書かれていたことだ。
便宜上、親友という言葉を使ったが、要は「この人の言うことだから・・・」とひとりの人に全幅の信頼を置いてしまうことは、こと研究というフィールドにおいては、必ずしもいいことではないと言うのだ。
それよりも、文化、言語、慣習、歴史も違うような人と交わることが、自分の未知の部分を発見でき、研究にも役に立つのだと。

 わたしがすごいと思ったのは、こと研究というフィールドにおいてという但し書きがあるとは言え、人に全幅の信頼を置かないことを堂々と公言するその腹の据わりようだ。
世界レベルの研究をするということは、そういうことなのか・・・と思ったら、あのスナフキンもおんなじようなことを言っていた。
実際にはスナフキンではなく、トーベ・ヤンソンだけど。
誰かを崇拝しすぎると、ほんとうの自由は、得られないんだよ - スナフキン

 広中さんも岡さんも有名な数学者だが、共通するのは文章や内容がとても理路整然としていてわかりやすいということだ。数学と言うと、数式が並んだのばかり浮かんできて頭が痛くなるが、数式と文章は、一見かけ離れているように見えて、論理的思考によって吐き出されることでは一緒なんだなと思った。
by adukot_u3 | 2010-01-16 22:28 | 書籍
<< サイコパス診断 最も安くておいしいカニ >>