歌好き地図好き散歩好き。おまけに路地好き文具好き。最近はウクレレLOVE!モットーは『自分で調べて自分で考えて、なるべく自分の事は自分でやる』。さそり座、黒ひょう、AB型女。
by maccheroni
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ドキュメンタリー『MAXED OUT』
MAXED OUTMAXED OUT。マックスドアウトと読む。
カードの限度額いっぱいに使って破産してしまうことを英語でこう言うらしい。
この映画は、そのMAXED OUTな人たちと、それを取り巻くアメリカ社会を描いたドキュメンタリーだ。

カード社会のアメリカでは今、さんざんお金を貸しまくりすぎて、あんまり貸せる人がいなくなった。
今までは優良な借主というのは、きちんと元金+利子を払って完済してくれる支払い能力の高い人だったが、行き詰った業界は全く逆方向に考え方を転換!支払い能力のなるべく低い人に貸すことにしたらしい。

支払いが遅れれば、そのぶん違約金が取れるし、長~くだらだらと金利を支払わせることも出来ると考えたのだ。
それには無知な人が一番。ということで、字のあんまり読めない人にモノを買わせたり、家を持とうなんてこれっぽっちも考えたことのない移民の人に家を売りつけたりしている。

でも、いくらオイシイからと言っても、支払能力の低い人に貸せば当然MAXED OUTが増える。
そこで、ブッシュの息子がやったことは…なんと、破産法の改正。簡単には破産できないようにしたのだ。
まずは逃げ道を封鎖してからということか。
昔のドラマなんかでワルモノがよく「ブタは太らせてから食う」とか言ってたが、まさにそれを地で行く腹黒さだ。

銀行やカード会社はそれでいいかも知れないが、債務者はたまったもんじゃない。
なんせこの手のローンは、リスクを隠すために宇宙工学とかをやっていた人がいろんな債権を混ぜこぜにして設計した、もはや作った本人ですらよくわからないぐらい複雑なものなのだ。
そんなものに素人が太刀打ちできるはずがない。

こうして最後の逃げ道すら塞がれ底なし沼に放り込まれた債務者は、破産も出来ず、いつ終わるとも知れない(計算上はたぶん死んでも終わらない)支払いを延々と続けることになる。当然ながら自殺者は急増している。

カード会社の社員が「一番の顧客は一度破産を経験した人。カードの甘い蜜の味を知っていて、なおかつもう破産はできないから」とうそぶいていたのを見て、うすら寒くなった。
そりゃ借りる側にも自己責任は多分にあるだろうし、アメリカに限らず弱者が食い物にされてしまうのはどこの国でも同じだけど、ただ棄てるのではなく、絞りとるだけ絞ってから棄てる。改正破産法にはそんな底意地の悪さを感じる。

これはサブプライム問題より前の映画だけど、これを見ていたら、サブプライムローンの破綻なんて当然。なんたって、100年も前の借金をいまだに支払い続けている国らしいから。国自体がもはや麻薬中毒患者のように、ちょっと麻痺しているのかも。

わたしはアメリカに行ったことがないのでよくはわからないけど、この映画を観る限り、アメリカという国はそうやって弱者を食い物にすることで成り立っているように思える。
なんだか歯止めの利かない国だなぁという印象だ。

考えてみたらアメリカという国は、元々がヨーロッパから移って来た人たちで、今も人種のるつぼと言われるほど移民の多い国だ。
大なり小なりアメリカンドリームを夢見て来るのだろうが、何でも自己責任というベクトルに大きく振れすぎた見本がこの国のような気がする。

宇宙工学だかなんだか知らないが、それで巧妙なサブプライムローンを作って無知な人々を陥れることに使ってるとしたら、大昔、血なまぐさく戦っていた頃とちっとも変わっていない。
人間がこんなに高度な頭脳を獲得したのは、結局は人柱を作り出すためだったのかと思うと、心底がっかりする。

日本だって人のことは言ってられない。経済ジャーナリストの財部誠一さんの借金時計によると、国の借金はもう870兆を超えてるし。
でも、あのバブルのころの浮かれっぷりを今思うと、結果としてこうなるのは当然かとも思ったりする。
そういう意味ではアメリカとそんなに大差がない。と言うより、どんどんとアメリカに近づいていると思う。

特に今の原発問題を考えると、日本国民は、このMAXED OUTに出てくる債務者かと思うぐらいによく似ている。
手軽で便利だからと、じゃんじゃん電気を使っていたら、突然制御できなくなって、この先一生、高い電気量払い続けることでお返しいたします。みたいな感じ。

でも、決定的に違うことがひとつある、あちらは無知であれ何であれ、一応自分で選んで契約してるけど、こちらは電気の由来は選べないということだ。
火力だろうが原子力であろうが選べないにも関わらず、それを黙って便利に使って来た側にも責任があるというのは、どう考えてもおかしい。

・・・と、ここまで書いてハタと気づいた。

【米】サブプライムローン
【日】ゆとり返済

じゃないだろうか?
借入後5年間の返済額を押さえ、6年目から返済額が増加するもの。
上手に使えばいいのかも知れないが、どちらも、敷居を最初だけ下げて買わせるという、低所得層をカモりやすい手法としてはおんなじだ。やはり日本はアメリカの後を追っているんだな。
[PR]
by adukot_u3 | 2011-05-27 08:00 | 映画
<< WEB上で簡単にサイトマップが... 六甲山と沢の鶴酒造 >>