人気ブログランキング | 話題のタグを見る
著作権
ブログを書いていると、知らずに人の著作権を侵してしまう可能性が高い。
そうならないために、著作権についてここにまとめていく。(随時更新)

■著作権の基本
プロ・アマに関係なく、著作物を創作すると必ず著作権が発生する。
日本をはじめ、ほとんどの国は「ベルヌ条約(著作者がなんの主張をしなくても著作権が保護される)」という国際条約に加盟しているので、なにもしなくても保護される。
非加盟国であるサウジアラビアなどごく少数の国では手続きが必要だが、その場合は「コピーライト文」を入れることで保護されることになっている。

※保護=真似されないというわけではない。著作権があっても真似はされる。されたらやっぱり訴えるしかない。でも、裁判で著作権が認められれば保護される。そういう意味。

■コピーライト文の記述
©2002 名前or社名.
ホントはこれで十分。
ただ、©の意味がわからない人のために「Copyright 」をつけた以下が事実上の標準となっている。
ちなみに日本の著作権の期間は、「著作者の生存期間及び著作者の死後50年」である。
Copyright (C) 1996-2007 ABC. All rights reserved.
↑1996年にABCによって著作物が発生(発行)され、2007年に内容が更新されてるという意味。
早いハナシ、何か作品を作ったらほとんどの国では保護される。
それなのに「コピーライト文」も付けとく用心深さ。
これは、アメリカが1989年までベルヌ条約に加盟してなかった影響らしい。

はじめての著作権講座(公益社団法人著作権情報センター)



以下はネットに限って調べてみた
●やっていいことダメなこと

Qソフトは売れる?貸せる?あげられる?
答えはすべて使用許諾契約書にあり。
プリインストール版、ダウンロード版、アップグレード版、アカデミック版、企業向け版など、いろんなバージョンがあるので契約書をよく読むこと。

Qネット上で拾った画像は使える?
基本NG
「フリー素材」のみOK。その場合も利用制限(個人や非商用目的に限る等)に注意。
著作権表記をすれば使えるものもある⇒クリエイティブ・コモンズ

QマイクロソフトのOfficeユーザー用「クリップアート」は?
商用/非商用を問わずOK
ただし、クリップアートを前面に出した製品を発売したり、ロゴマークに使用するのはNG。

Qデジカメで自宅の絵画を撮影、ホームページに掲載
NG
著作権者の許諾を得ていない場合は、絵画に関する著作権(複製権・公衆送信権)の侵害にあたる。

※気づかず絵画など著作物が写り込んでしまった場合はOK(著作権法改正案)

Q他人のブログやニュース記事へのリンク
リンク自体はOK
ただし、悪意的な紹介文をつけたり、DVDや書籍の画像をサムネイルにしたリンクはNG。
例外は、amazonのアフィリエイト用画像。紹介してくれるなら使ってもいいよと言っている。

Q自分で歌った歌を動画で公開
営利目的じゃなければOKだが、JASRACKに連絡が必要。JASRACK管理下にない楽曲の場合は著作権者に要連絡。

Q歌詞の引用
引用ならOK
ただし、著作権法は「報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」としているので、判断は微妙。必然性がなく、単にアクセス向上のための引用は、複製権や公衆送信権の侵害に当たる。

Q他人が写っている画像やビデオの公開
無断ではダメ!
肖像権、プライバシーの侵害にあたる。やむを得ず公開する場合は、個人が特定できないよう要加工。(Google Mapに写りこんでしまった人の顔には後からボカシが入れられた)


Q絵画の著作権について
ヴァーチャル絵画館

絵画は、作者の死後50年を経ると著作権は消滅する。(日本のような第二次大戦敗戦国は、作者が連合国側出身の場合の絵画に関しては、50年ではなく60年半を経なければならない)

絵画の複製写真には「創造性がない」 との判断から、著作権は発生しない。



著作権法改正案
2012年6月20日成立
2012年10月1日施行
違法アップロードされたものを違法と知りながらダウンロードする行為
懲役2年以下または200万円以下の罰金。
権利者の告訴がないと罪に問えない親告罪。

市販DVDやゲームソフトをリッピングソフトやマジコンによって吸い出す行為
罰則なし。(リッピングソフトやマジコン:コピーガードを外して複製するソフト)
コピーガードがされてないものならOK。

YouTubeやニコ動の「プログレッシブダウンロード」(キャッシュに保存しながら再生)については、
文化庁の再生時キャッシュは著作権法上の複製に当たらず、違法動画を再生しても問題ない」という見解と、「文化庁のような解釈は刑事実務では通用しない」という見解がある。

写真に絵など著作物が写り込んでしまった場合はOK。

by adukot_u3 | 2011-02-18 05:55 | 当世サバイバルマニュアル
<< TV『松嶋×町山未公開映画を観... へバーデン結節 >>