人気ブログランキング | 話題のタグを見る
神社にお嫁さんが来た
神社にお嫁さんが来た_f0046622_12375851.jpg 近所の神社の跡取り息子のところに、お嫁さんが来た。聞けば十二単を着て、町内を歩いてから神社に行くのだと言う。そんなの滅多に見る機会もないので、朝ごはんの途中だったが、それを放ったらかして駆けつけた。

 お嫁さんが支度を終えて出てくるまでは、氏子の方々が太鼓を打ちながら延々と木遣りを謡っているのだが、これがけっこうイケル。普段はべつになんとも思わないが、今まさに十二単を着たお嫁さんが出てくると思うと、地元のオヤジ連中が謡う木遣りや太鼓が、いいぐあいに雰囲気を盛り上げてくれるのだ。
 支度をする家から神社までは、だいたい50メートルほど。最初に遣いの人が神社から来て、今度はその人を先頭にして、お嫁さん、氏子の方々がそれに続いて神社へと歩いていく。

神社にお嫁さんが来た_f0046622_125316100.jpg 近所の人が左右に徒競走のテープのように、紅白の綱を持って待ち構えている。この綱を持つと、神社から金1千円と清酒が1本いただける。「嫁入りをお祝いしてくれてありがとう」という意味らしい。18年間、ここに住んでたけど、一回もこういうの見たことなかったなぁ。


神社にお嫁さんが来た_f0046622_13133879.jpg 30分ほどで十二単のお嫁さんの登場。小柄だが、なかなかきれいな人だ。そこそこきれいでも、この衣装と髪型の似合う人は、なかなかいないだろう。普通におしゃれをしていたら、きっともっときれいなんだろうという感じ。





神社にお嫁さんが来た_f0046622_134375.jpg うっそうと木々の茂った神社を目指して、階段を上って行く一行。お嫁さんはぽっくり下駄が大変そうだった。
ここに18年間住んでいたはずなのに、これは見たことなかったなぁ。まぁ神社にお嫁さんが来ること自体そうあることじゃないから、18年間、見たことなくても別に不思議じゃないけど。
神社にお嫁さんが来た_f0046622_13162033.jpg


神社にお嫁さんが来た_f0046622_123897.jpg 神社からいただいた。ご縁がありますようにと105円。ありがとうございます。
 そういえば、昔は普通の家の嫁入りでも、平気で505円の袋が二階の窓から撒かれてたなぁ。それも3つも4つも拾えたりしたから、子供の臨時収入の域を軽く超えてたなぁ。
 今よりGDPも低い時代だったのに、505円はすごいなぁ。今みたいに簡単に離婚しない時代だから出来たことなんだろうな。


神社にお嫁さんが来た_f0046622_13213584.jpg 神社より街を見下ろす。
 普段なら、真っ青な海が見えるはずなのに、この日はなぜか霞がかってちょっと神秘的な雰囲気だった。
by adukot_u3 | 2010-05-08 12:50 | 能登半島
<< ファンキーなバッハ のんび~り連休 >>