人気ブログランキング | 話題のタグを見る
母の乳ガン
母の乳ガン_f0046622_21522699.jpg 父が亡くなって3年。
やっと少し落ち着いてきたと思ったら、今度は母が乳ガンになった。
今のところ転移の可能性は低いとのことだが、なんとなく手術してみないことにはなんとも言えないんじゃないかという気がしている。

 お正月明け、手術の日も決まり、それまでは検査だけらしいので、わたしはいったん東京に戻って準備をして再度田舎に行こうと思っていたところ、母が突然めまいと吐き気、それに腰痛で、全くモノが食べられず動けない状態に。乳ガンの治療を始めるどころではなくなり、急遽、年明けの予定を変更して3日間病院暮らしをした。

 検査の結果、めまいと吐き気は「良性頭位変換性眩暈」。頭を動かすだけで強烈なめまいと吐気が襲い、食べても食べてももどしてしまう。原因は三半規管の異常によっておこるそうだが、病気のストレスも関係しているのではないかと思う。医者は慣れるしかないとサラッと言っていたが、あんな強烈な吐気を伴うめまいに慣れるしかないとは・・・それこそめまいがしそうだ。



 腰痛は、椎間板ヘルニアだった。
腰にゴムベルトを巻いて騙し騙しやってきたのが、ここにきて一気に痛みが出てきたようだ。50年以上も立ち仕事(美容師)をしているから、ヘルニアになっても全然おかしくはない。わたしがまだ実家にいたころは、お正月はそれこそ寝る間もなく働いていたのだから。
とりあえず、何より乳ガンの手術を早くしないと大変なので、それらの症状はなんとか薬で抑え、手術の検査を進めるとのことで、一旦戻って来た。

 今後のことも考えて、節約のため高速バスで帰ってきた。
田舎から東京に戻ってくるといつも、どこか遠い外国に住んでいて、何年かぶりに帰ってきたような気がするのだが、今回は滞在期間が長かったこともあって、一層そんな気がして、しばらくうす明るい新宿の街をぼんやりと眺めてしまった。

 毎回帰省する際には、わざとネットから距離を置くために、パソコンなどは持たずに行く。何もない時なら、のんび~り過ごせて何の問題もないからだ。
しかし今回ばかりは、飛行機やバスをキャンセルするにもどこに連絡すればいいのかわからないし、いくらかかるのかもわからない。帰りの交通機関や運賃や残席を調べるにも比較もできないといった状態だった。電話でもできないことはないが、だいたい繋がらないので、ネットでぴゃーっとやっていたわたしには、そのストレスは相当なものだった。

 結局、東京の友人にお任せして帰りのバスの予約はなんとか取れたが、金沢駅の西口というところは、最近一気に高速バスが流入したせいか、情報がまったく統制されていない。広~いところに色とりどりのバスがただずらーっと並んでいるだけで乗り場も時間の表示もなにもなく、各自で調べて該当車両に乗らなくてはいけないので、焦る焦る。
車両の画像を携帯に送るという友人のナイスなフォローがなければ、遅れてしまったかも知れない。
今回のことで、今や不測の事態にはネットなしでは迅速な対処が不可能だということをつくづく実感した。

 こうなってくると、ひとりっ子のわたしが、親から遠く離れて暮らしていること自体に無理があるんだろうなとも思うが、まぁそれは諸般の事情があってのことなので置いておくとして、おりこうにも親元で一緒に暮らしていた跡取り連中も、仕事を求めてもうずいぶん前に実家を離れ、今や子供が居ようが居まいが老人はだいたいひとりかふたり暮らしがほとんどだ。なんせひと家族を養おうと思ったら、公務員ぐらいしか仕事がないんだから無理もない。

 かつては腹巻に札束を挟んで歩いていた漁師であふれていた街も、その漁がふるわなくなってからの衰退ぶりは目を覆うばかり。モノは違うが、廃坑になった鉱山の街に近いものがあると思う。
わたしの親世代が亡くなるころには、町の存続すら危ないのではないか?久々に降った大雪をかきながら、真剣にそんなことを考えてしまった。

母の乳ガン_f0046622_21535483.jpg そんなことを言ってると悲しいことばっかりのようだが、そうでもない。田舎にはご近所づきあいというネットワークがまだまだ残っている。
「子供には頼らない。病気のときには近所で助け合い、ボケたら老人施設に入る」。仕事を求めて仕方なく都会に行った子供を持つ田舎の老人たちは、ひそかにそんな相談をしているらしい。離れて暮らさざるを得ない状況が、そういう決断をさせてしまったのかも知れない。

 その腹の据わりぐあいがまた悲しくもあるが、半端な距離に数人の子供がいて、誰が看るかでモメるような東京の親御さんよりも、あれこれ思い悩むことは少なくて済んでいるような気はする。
by adukot_u3 | 2010-01-10 21:54 | 健康・美容
<< 最も安くておいしいカニ 「ヒラメ、サビ抜きをダブルで」 >>