人気ブログランキング | 話題のタグを見る
「ヒラメ、サビ抜きをダブルで」
いったいなんのことかと思った。
年末の慌しい新宿の回転寿司屋でのこと。
それを言ったのは小学3年生ぐらいの男の子で、
その左右には、両親と思われる私と同世代ぐらいの男女が座っていた。

サビ抜きはわかるけど、ヒラメのダブル???
「ネタが1枚じゃ薄くて物足りないから2枚重ねて握ってくれよ」ってこと???
興味があったので、無関心を装いつつ思いっきり横目で見てやった。

なんのことはない、お皿が2枚の上に、ヒラメの握りが4つ。
なんだよ、ダブルってそういうことかよ。
男の子は何度も「ヒラメ、サビ抜きをダブルで」をくり返していた。
と言うか、わたしがそこに居る間、それしか言わなかった。



ったくガキのくせに、高いヒラメばっかり食べちゃって。他のも食べなよ。
それもダブルでって・・・ウヰスキーかよ。
という、あさり汁をすすりながらのわたしの無言のツッコミは置いとくとして、
子供の物言いがナマイキなのがとても気になった。

どこがどうと言うより、口調が大人そのもの。微妙に上から目線だし。
逆に親の方がちょっと子供っぽくて、まるで大人が3人いるみたいだった。
小学生の子供にあんな言い方されて平気なんだろうか?
ニコニコ食べていたから、そんなことちっとも感じてないんだろうけど。

帰省を控えて食材の買い物もそうそう出来ないのと、
ヨドバシカメラで色々眺めていたらとっくにお昼を過ぎてしまっていたので、
手っ取り早くと思って回転寿司屋に入ったが、ものを食べるときに、
視界の中に常に動くものがあるというのは、やはりどうも落ち着かないものだ。
by adukot_u3 | 2009-12-26 16:34 | 日々雑感
<< 母の乳ガン 百楽荘 >>