人気ブログランキング | 話題のタグを見る
くら寿司
くら寿司_f0046622_16523579.jpg先日、「くら寿司」という回転寿司屋に入ってみた。
座ってみて驚いた。
なんと、注文は全て画像つきのタッチパネル。
見ると、テーブルの端っこにはなにやら穴が・・・。
「お皿を入れてください」とある。
う~む・・・。
イマイチ意味がわからず不安だったので、お店の人に使い方をきいてみた。
だいたいの使い方はこうだ。

まず、写真付きでネタが表示されているタッチパネルで、食べたいものと個数、サビの有り無しを選んで注文ボタンを押す。
しばらくすると、画面上に、「○○番さんご注文のものが参ります」という表示とともに、
「ピーッピーッピーッ・・・」という音が鳴り、「ご注文」と書かれた赤いプラスチックのお皿の上に注文したものが乗っかってくるので、それを取って食べるというわけだ。
もちろん、普通に流れているお寿司を取って食べてもOKだ。



くら寿司_f0046622_16521259.jpgメニューは、お寿司の他に、居酒屋にあるようなおつまみやケーキ、パフェなどスウィーツ類や果物など、かなりバラエティに富んでいる。
お寿司はネタによって2カンだったり1カンだったりするが、全て一皿105円。
しかも、この安さで化学調味料、合成着色料、人工甘味料、人工保存料を使わない!
一定時間回ったら、廃棄する!というポリシーを貫いている。味もまぁまぁ美味しいので、これなら家族で来ても、みんなが楽しめるだろう。

回転寿司屋にありがちな、軍艦巻きに変わったものを乗せるお寿司もいっぱいだ。
実はわたし、お寿司の邪道とも言えるこの「軍艦+変なもの」のお寿司が意外と好きだったりするが、ここのはすごいぞ。
海老フライ、グラタン、燻製たまご、まぐろユッケ・・・なんとハンバーグまで乗っかっている。
試しに燻製たまご乗せを食べてみたが、なかなか美味しかった。
お会計の際は、横の穴に一枚づつお皿を入れると、画面上にカウントされた数字が表示されるようになっていて、明朗会計だ。

と、このように書くと、すっごく良かったみたいだが、実はわたしにはイマイチだった。
値段は安いし、味はまぁまぁだし、添加物は少ないし、いいところはたくさんあるのだが、注文したり、それが到着したりする度にピーッピーッピーッ、お皿を入れる度にガチャガチャガチャと、とにかくうるさい。それをあちこちでやるもんだから、騒々しいったらありゃしない。

それに、流れているお寿司を手にとり、注文する時にはタッチパネル、食べた後はお皿を自分で穴に入れていると、自分も機械の一部になったかのような気がしてくる。
おまけに5皿入れるごとに、ベルトコンベアー上部についている機械から、ガチャポンが出て来るしかけになっている。中には、次回の割引券が入っていたりもするらしい。
なんとなく、昔観た、チャップリンの『モダンタイムス』を思い出した。
これも消費者のニーズなのだろうが・・・。

とは言え、注文するのに躊躇するような内気な人や会計が待てないせっかちな人、とにかく安いお寿司を食べたい人、少々うるさくても気にならない人にはいい所だと思う。
ただ、一定時間経ったものを廃棄するというのは、鮮度のいいものを出すにはいた仕方ないのだろうが、やはりもったいない気がして仕方がない。仕方ないの板ばさみだ。
by adukot_u3 | 2009-04-10 16:51 | グルメ
<< 九州旅行 その4 『資本主義はなぜ自壊したのか』 >>