人気ブログランキング | 話題のタグを見る
『音のない世界』
お正月休み中に、偶然見かけてハマってしまったドラマ、
TBS愛の劇場40周年記念番組『ラブレター』。
いわゆるthe昼ドラだ。

施設から小豆島の里親のところきた聴覚障害者の女の子と、島の男の子との甘酸っぱく切ないラブストーリー。
最近ほとんどテレビを観てないのに、久しぶりに録画までして観てしまっている。

途中から見たので、ホントの母親が出て来たりすると、どうなってるやら、いまいちストーリーがよくわからないのだが、そんなことはお構いなし。この聴覚障害者の女の子と、島の男の子がもう、この役にピッタリなのだ。
そしてそして、このドラマを盛り上げるのが、小豆島のきれいな海と、主題歌『音のない世界/My Little Lover』。
まるで、このドラマに当てて書いたかのような曲だ。




My Little Lover、そういえば最近聞かないなぁと思っていたら、小林武史とボーカルのakkoは離婚していた。ふたりの娘はakkoが育てているらしい。
そっかぁ・・・akkoも大変だなぁ、などとひとの家庭事情まで考えつつ、この曲を聴くとまた、感慨深い。

このドラマ、3部構成になっていて、わたしが観たのは思春期の第2部だったらしい。
来週からは3年後という設定で、主役の女の子が鈴木亜美になるという予告が。
え~っ????
違~う、ぜんぜんイメージ違うんですけど~。
ということで、数回しか観てないのに急激に熱は冷めてしまった。

先日、仕事先で帰国子女の方がいらしたときに、その場の全員が英語を喋り出し、わたしだけがポツーンと置き去りにされたような気持ちになった。
聞こえてはいても、音のない世界はあるのだと思った。

人間の耳は、周囲に雑音がある時はなるべくその音を聞かない様に感度を下げ、無音の時はその逆の働きを自然とするようになっている。
一時、このコントロールが利かなくなり、検査のために全く音のない「無響室」というものに入らされたことがある。
得体の知れない不安感とともに、非常にテンションが下がったことを思い出した。
by adukot_u3 | 2009-01-17 14:53 | TV・音楽
<< 『シャリトー・ベルサイユ』 皇居散策 >>