歌好き地図好き散歩好き。モットーは『自分で調べて自分で考えて、なるべく自分の事は自分でやる』。さそり座、黒ひょう、AB型女。
by tambow
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:日々雑感( 72 )
毎日、雨。
タイトルのとおり、ここのところ毎日、雨だ。
単なる印象だけだが、もう二週間ぐらいずっと雨な感じ。

関東ではこの時期、アホか?と思うほどピーカン続きで、たまには鉛色の空を見たくなったもんだが、ここまで続くとさすがに鬱々としてくる。これで気温が低きゃ毎日雪かと思うとゾッとする。
f0046622_121562.jpg

[PR]
by adukot_u3 | 2013-11-30 01:02 | 日々雑感
ファッションバザール のとや
東京は板橋、東武東上線・下赤塚駅北口降りてすぐ。
知る人ぞ知る激安衣料品ショップ「のとや」。
昔々、下赤塚に住んでた友達に「すっごく安い店があるから」と連れてってもらったのがココ。
今なら激安店はあちこちにあって珍しくないけれど、当時はその安さにド肝を抜かれて、あれこれ買いまくった記憶がある。
でも、あまりに昔過ぎてすっかり忘れていた。

最近、仕事で「能登」や「のと」で検索することが多いが、たまたまそこに「のとや」が引っかかってきたからビックリ!
今でもちゃんと営業していて、なんだか嬉しい。
社長が能登の出身だということも初めて知った。

「NOTOyA」と、なぜかyの字だけ小文字なとこ、ホームページがないとこ、ブログはあるけど更新されてないところ…などなど、わたしの好きな要素がいっぱいの店だ。

f0046622_23274757.jpg15年ほど前に買ったのがこの服。たしか100円だった。
ちなみに今でも着ている。

1円で服が買える!?激安衣料品店「のとや」


[PR]
by adukot_u3 | 2013-10-24 23:27 | 日々雑感
朝の散歩
f0046622_161433.jpg

久々に早起きしていちばん遠くの防波堤まで散歩した。
けっこう釣り人がいてびっくりした。
写真だと静かな感じがするけれど、実際は波がぶつかる音がドーン!と大きいのと、堤防が高いのとでかなりこわい。

f0046622_1131211.jpg

f0046622_1144820.jpg

帰りがけに魚市場をのぞいたら、こんなヤツらが虎視眈々と獲物を狙っていた。
[PR]
by adukot_u3 | 2013-09-23 01:12 | 日々雑感
シュール
f0046622_143317.jpg

最近あんまり使ってなくてホコリをかぶったiPadの上になめくじがいた。
母がどっかからもらってきた植木鉢にくっついていたと思われる。
なぜかわからないが、なめくじに笑われたような気がした。
[PR]
by adukot_u3 | 2013-09-23 01:03 | 日々雑感
帰路
f0046622_0534954.jpg

仕事の帰りはいつも海沿いの道を行く。
ていうか、それしか道がない。
数ヶ月前、わたしは人生の岐路に立っていた。
今はこんな帰路を急ぐ生活となった。
[PR]
by adukot_u3 | 2013-09-23 00:57 | 日々雑感
さくらんぼ
ちょっと前に、やっとこさ引越し葉書を出した。
こんな大規模な引越しをしたのに、引越し葉書が年賀状じゃ、いくらなんでもまずかろうと思ったからだ。

f0046622_23475131.jpgしばらくして、すばらしく大粒なさくらんぼがぎっしり詰まった箱が送られてきた。
たぶん、こんなに立派なさくらんぼは一生お目にかかることはないだろうと、母とがっついて食べた。
佐藤錦なんて間近で見たことないから知らないけど、どう考えてもあれは最高級の佐藤錦に違いない。

差出人を見て驚いた。
15年以上も前に勤めていた新宿のとある会社の総務にいた女の子だった。
飲み歩くのが好きだったわたしは、ちょうどひとまわり下の彼女ともよく飲みに行った。
その後、社内でも人気者だった彼女は、当時つきあっていた東北出身の彼の元に若くして嫁いだ。

都会生まれ育ちの彼女が、そんな田舎でやっていけるわけないから、きっとすぐに戻ってくるだろうと思っていたら、順調に子供が生まれ、今では立派な3人の子供のお母さんとなっている。
それ以来、年賀状のやりとりだけのつきあいだったが、なんだか懐かしくなって、さくらんぼのお礼も兼ねて嫁ぎ先に恐る恐る電話をしてみた。

声を聴いてぶっとんだ。
あの、都会っ子だった彼女が、すっかり東北弁になっていたからだ。
嫁いだからにはそこの土地に馴染むのが彼女にとっては一番幸せなことなのはわかってはいるが、急に彼女が遠い人になってしまったようで、ちょっと淋しくなった。

彼女が東京を去ってからも、わたしはジタバタしながらなんとか頑張っていたが、その間彼女は、東北の田舎で、舅や姑に囲まれた大家族で、必死に馴染もうとしていたかと思うと、なんだか切なくなった。
さくらんぼは、わたしの引越し便りを見て急に懐かしくなって送ってくれたらしいが、何百キロも離れた、係累の全くいないところで自分の居場所をつくるということは大変なことだ。

3人の子供たちに囲まれ、東北弁にすっかり馴染んだからと言って大変じゃなくなるわけじゃないし、時折ふと、心にすきま風が吹くこともあるだろう。
「もっと実家に近いところに嫁に行けばよかった」。
数年前、はじめて出席した地元の同窓会で、高知県の遠いところに嫁いだ友達が言っていた。

京都生まれのウチのばぁちゃんも、ときおり、タバコを吸いながら岸壁から海を見てたそがれることがあったが、あれはもしかして、自分の来し方を思いかえしていたのだろうか。

なんとなく、遠いところに行く人は遠いところに行くDNAを持っているような気がする。
そして、たぶんわたしはそんなDNAを持った人が好きなんだろうと思う。
[PR]
by adukot_u3 | 2013-08-13 23:47 | 日々雑感
ナゾの人形
f0046622_11173298.jpgナゾシリーズPart2。
片付けついでにみつけた人形。
母が、若い頃から美容組合の旅行によく行っていたので、うちには人形や民芸品がたくさんある。
でも彼女は超偏食なため、決して海外には行かない。
じゃぁいったい・・・この人形はどこから来たものなのか?
諸国民芸品の棚の中で、異彩を放ちすぎ。
半開きの目もなんだかエロい(笑)
[PR]
by adukot_u3 | 2013-07-03 19:48 | 日々雑感
ステレオ解体
34年前に買って以来、ずっとそのままになっていたステレオ(死語?)を、今ごろやっと粗大ゴミに出した。
普通のお家ならとっくの昔に処分しているだろうが、なんせうちはわたしが家を出てから全く部屋に手をつけていない家だ。
小学生のときに工作で作った地球儀もあるし、中学のときに買ったフォークギターには、弦を巻くペグというところにマスコットまでぶら下がっている。
部屋のドアに貼ってある永吉矢沢のステッカーは剥がれかかってて、「いったい何時代だよ!」とひとりつっこみを入れながらやった。

わずかに残っていたレコードは、せっかくなので処分する前に一部だが写真を撮っておいた。


f0046622_22301843.jpg実はわたしがフォントのデザインに関わるようになったのは、このエイキチヤザワのロゴを見て「かっこいい!」と思ったのがきっかけ。

f0046622_23151836.jpgガンジーの「スローダンサー」。
今ならインドからクレームがつくに違いない。

f0046622_22312834.jpg生まれて初めて「ジャケ買い」したレコード。
このアルバムはほんとに当たりだった。どの曲もほんとにいい曲ばっかり!

f0046622_23153666.jpgラッツ&スターの名曲「Tシャツに口紅」。B面の「星空のサーカス」も超ステキ。

f0046622_23162691.jpgおばぁちゃんの影響で、民謡好き。

f0046622_22471611.jpgNSP、好きだったなぁ…。天野さん死んじゃったけど…。

f0046622_2248156.jpgバンドマンだったおじさんの遺品の中の一枚。
一見、「朝日の当たる家」のバッタもんかと思ったら、ちゃんとアニマルズだった。
しかし「We Gotta Get Out Of This Place」が「朝日のない街」ってのも強引だな。

f0046622_23165437.jpg「初恋」の前の曲だけど、名曲。

f0046622_2317960.jpg相撲好きなので、相撲甚句好き。

f0046622_23172342.jpgこれは母のものだが、わたしもよく聴いた。二葉百合子は最高!B面の「お夏清十郎」も絶品。

f0046622_2317356.jpgこれは父の持ち物。ひとり船を操る漁師の心境を歌った歌詞が泣かせる。杉良太郎と村田英雄を足したような顔。

f0046622_23181316.jpgなんだこれは。わたしが家を出た後、父か母が買ったものか?しかしナゾの歌だな。誰だか全く知らんわ。

おしまい。


[PR]
by adukot_u3 | 2013-06-18 23:21 | 日々雑感
つりしのぶ
去年買った「つりしのぶ」から葉っぱが出てきた。

f0046622_17475915.jpg
去年の葉が枯れたあと、一年間、新聞紙に包んで、放ったらかしといた。
半月ほど前に取り出して来て毎日水をあげていたが、なかなか芽が出ないので、半分は諦めていた。

それが一週間ほどまえに、緑色の点が出てきて、あれよあれよという間にこうなった。
固いつるからこんな柔らかな葉っぱが出てくるなんて、よくかんがえたら不思議だ。
ほんの少しだけ出て、くるりんと丸まっている小さな葉っぱは、なんだか今の自分のように思えて可笑しい。
f0046622_17521178.jpg
[PR]
by adukot_u3 | 2013-06-08 17:53 | 日々雑感
春。。。
引越して約一ヶ月経った。
いままでの生活とのあまりの違いに、いろんなことをインプットするのが精一杯で、未だなにか異次元の世界にいるような、全く地に足がつかない感じだ。
仕事も生活も普通にしているので、ボーッとしてなにも手につかないというわけではない。
ただ、わたしの頭の中がものすごーく、とっちらかっている。
引越し荷物を片付ける時のように、とりあえずいろんなものを頭の中に詰め込んだ状態なので、バッグインバッグを使うほどの整理魔のわたしとしては、キッチリ片付くまでは非常に気分が悪い。

東京にいたときは、軸足は田舎にあって東京には長期留学に来ているような感じがしていたが、実はわたしの軸足はとっくに東京にめり込んでいたことを今さらながら気付く。
今は逆に、外国に留学に来ているような感じだ。
このカオスからいつになったら抜け出せるのか、私のアイデンティティはどこにあるのか自分でもよくもわからない。
そらそうだよな、30年もいたんだから。
そう簡単にシフトできるわけがない。
まぁ、考えたところでどうにかなるわけでもないことは、流れに任せるしかない。

先日、気分転換に知り合いの山に山菜採りに行ってきた。
わらびやぜんまい、かたは、しいたけなどを採ってると無心になれる。
f0046622_22593425.jpg


f0046622_235287.jpg


f0046622_230119.jpg


f0046622_2353722.jpg


f0046622_2304393.jpg


f0046622_231211.jpg


f0046622_2311312.jpg

[PR]
by adukot_u3 | 2013-05-21 23:05 | 日々雑感