絶体絶命
同い年のいとこが仕事で重機を操作中、誤って重機もろとも川に転落した。
肋骨を全て骨折し、内臓破裂で動脈切断。腎臓一つと肺を一つ摘出。
残る肺にも孔が空いていたらしい。
集中治療室で意識不明の状態が二週間も続いた。
しかし奇跡的に命をとりとめ、驚異的な回復力でみるみる元気になった。

事故から一ヶ月ちょっと経って、おそるおそるお見舞いに行くと、当の本人がスタスタと病院内の廊下を歩いていてビックリ❗❗
内臓に気をとられたわけでもあるまいが、なんと両手を骨折していたことが後からわかったのだという。

そんな大怪我だから痛みも尋常じゃないだろうと思ったら、意識がないの
で痛みはあまり感じなかったらしい。
とりあえずはひと安心。
仕事もやる気まんまんだ!
しばらくはリハビリが続くだろうが、
あの様子なら想定外の早さで復帰するに違いない。

人生の折り返し地点をとっくに過ぎた今、自分の生き方を改めて考えた一日だった。
[PR]
by adukot_u3 | 2016-06-03 23:56
<< ガラス玉編み込み 猿鬼走ろう会 >>